二次会代行お役立ちコラム

二次会の服装選び!無難なグレーも着方次第で差をつける

結婚式やその二次会への出席の際、オシャレな人は服装装替えをして、挑むという場合もあるものです。結婚式ではブラックフォーマルのスーツやセットアップを選んだという場合なら、少しトーンを変えて、グレー系の色合いのスーツで二次会へ出席するというのも素敵です。でも、グレー系の色合いのスーツやセットアップとなると、日常的な服装にも使われるものが多いものです。折角のフォーマルな場面ですから、少し変化をつけたくなりますね。そこでそんな無難な色合いでも着方次第で他の人とちょっと差をつけられるポイントについてご紹介します。

二次会でも映える服装とは?

結婚式や二次会へのご出席となりますと、何を着ていこうか、それが気になるものでしょう。前回の式にはあのスーツで行ったから、今回は違う雰囲気で出席したいとか、同じスーツしかないけれど、出席者も同じような顔ぶれだし、ちょっと変化をつけたいなんて場合もあるでしょう。冠婚葬祭で使用するファッションとなりますと、男性の場合、おおむねスーツというのが主流になってくるものです。

タキシードや燕尾服はさすがに浮いてしまうし、親族でもないのにフォーマルすぎると敬遠する日本人は多いもの。また結婚式や二次会のために、あえてスーツを購入する場合もあるでしょうが、さすがに毎度購入するというわけにもいきませんから、どうしても手持ちのスーツで考えてしまう。そうなると冒頭でご紹介したような悩みにぶつかってしまうものです。

フォーマルな結婚式やその後に開催される二次会などへスーツで出席するというのはマナー違反ではありません。もちろん、毎回同じスーツを着たからと言ってマナー違反になることもありません。でも、自分が主役ではないにしろ、新郎新婦をお祝いする服装で挑みたいという感情は、誰だって持ち得るものです。主役ではなくても華やかな場面で多少なりとも映えるファッションをしたいと思うのは決して不思議なことではないのです。

ではどんな服装が結婚式や二次会で映えるか、人目を引き、華やかにみせられるのでしょう。式典では出席者がみな、きれいに正装して出席します。男性はスーツやセットアップ、女性も光沢感のあるドレスや華やかな印象の和装で出席します。多くの方がこうしてきらびやかな服装で出席する場に、日常のなんのきらびやかさもないごく普通のスーツ姿などで出席すると、逆に悪目立ちしてしまうほどです。グレーや黒などダークな印象のスーツ姿は、より寂しげに見えてしまうこともあります。つまり映える服装をするということは、日常的ではなく、非日常的なオシャレやコーディネートで整えた服装をするということなのです。

無難な色はグレー?色選びのポイント

非日常的な服装といっても、そんなものを持っていないという方のほうが大多数でしょう。それに、非日常的とは何ぞや、と思われる方もいるかもしれません。非日常的なというのは、普段使いのファッションよりも、少しランクアップしたものと考えるべきです。いつもの格好ではなく、もう少しフォーマルに、華やかに変化させたものということです。

こうしたいつもと違うスーツというと難しく考えがちですが、例えば、結婚式や二次会のために、やや光沢感のある素材のスーツを準備するということです。形はごくごく普通のスーツにすれば不安も軽減されます。色は、グレーなどの無難な色合いにすれば、会場で悪目立ちの可能性も減ります。実は、このようにグレーとは、無難な場合に用いりやすい色合いなのです。スーツの素材が結婚式などの華やかな場面に適しているものでも、奥ゆかしい日本人は奇をてらうため、着用するのに抵抗感を感じやすいもの。しかし、それが無難の王道ともいえるグレー系の色合いだと、なんとなく安心感が生まれてくるものです。

そして色選びというのは、とても重要なポイントになるものです。ご紹介したように素材だけでなく、形に関しても、例えば少し変わったもの、またフォーマルすぎると感じやすいものも、グレーなどの無難に感じられる色を選ぶだけでも変わってくるものです。ご紹介しているグレーだけでなく、ベージュやブルー、ネイビーなども比較的無難な色として多くの方に好まれています。

無難ということは、目立ちすぎずマナー違反にもなりづらく、そして場にも不釣り合いではないファッションということです。ただ、一見こうした色合いを選ぶのはとても難しそうに感じられるかもしれません。しかし、普段使いのファッションから、自分に似合う色は、把握できるものです。そこをヒントに選ぶことで、無難ながら自分に合った色を選ぶことができます。

グレーでも選び方やアイテム選びで素敵になる

また色選びは、アイテムや素材の選び方次第で変化をつけることもでき、素敵に魅せることも可能です。例えば色で言えば、同じ光沢感のある素材であっても濃いものと薄いものでは印象が大きく変わります。濃い色はぐっと重厚感が増し、責任感や人としての重みすら感じさせられることがあります。一方、薄い色合いの場合は、明るく華やかな印象を見せられます。軽快でオシャレな人柄に魅せたいならオススメの色合いともいえます。このように同じ色でも、濃淡の違いで印象はがらりと変わるものです。

また色の濃淡だけではありません。合わせるアイテムでも大きな違いを見せることが出来ます。例えばグレーに合わせやすいブルーを組み合わせると若々しい印象を加えることが出来ます。この場合、薄いブルーだと涼し気な印象を与えますし、濃いブルーはオシャレな印象に魅せられます。また、合わせるポイントによっても変わってきます。顔に近い部分に色を加えると、華やかさはぐっと引き立ちます。ネクタイやチーフなどで華やかな印象をプラスするにはおすすめです。また靴などの小物でアクセントを加えると、全体としてオシャレ感が高まるという効果もあります。

二次会の場となると、多くの方と談笑する機会も増え、披露宴の場などのように座っているだけというのとは少し変化してきます。つまり、こうした場面だからこそ服装にも手を抜けないと考えるべきなのです。逆に言えば、二次会こそオシャレの見せ所と考えても良いでしょう。自分のタイプだと、どんな色のスーツを着ると映えるのか、またスーツの色に何を合わせるとオシャレに品よく見せられるのか、全体として非日常的な服装を演出できているのか、こうしたことを踏まえて選ぶのがポイントということなのです。

まとめ

グレー色を含め、無難と感じられる色合いは多数存在しています。こうした色合いのものを結婚式や二次会などで服装に取り入れるのなら、素材やアイテムへの考慮が必要になるということです。いつもと同じ日常的な格好と思われるものは、結婚式などには不釣り合いなのです。非日常的なファッションは、気分も上がり、高揚感もあるものです。折角の祝宴の場です。いつもと違うファッションを無難な色で取り入れながら、その違う感覚を楽しむというのも面白いかもしれません。